英語が通じない!発音よりも気をつけるべき3つのこと

英会話スクールやその他英語を話す場において、「自分の英語が通じない」「相手に怪訝な顔をされる」という人も多いのではないでしょうか?

自分の話した英語が伝わらないと自信をなくしてしまい、ますます英語が伝わらないという悪循環に陥ってしまいます。

日本人の英語が伝わらないのは、「発音がよくない?」「リズムが悪い?」 など色々な理由が思い浮かびますが実際はどうしてなのでしょうか?

英語が通じないのはなぜ?

スピーキングの教材や英会話学校では、「舌の動きや口の形を意識しましょう」という指導がされます。これは正しい「発音」をするための練習です。

通常私たちは英語が通じないことと、発音できないことを言コールで考えてしまいがちです。

特に「L」と「R」は日本人が苦手な発音であり、舌の動きなどを意識しながら発音を矯正する練習なども行われています。「L」と「R」は日本人には非常にハードルが高い発音で、ネイティブが聞くと日本人の「らりるれろ」はすべて「R」の音に聞こえるそうです。

日本人がネイティブ並みの綺麗な発音ができるようになる可能性はほぼゼロです。発音は完璧を求めなくても十分に相手に通じる英語は話せますので、発音はあきらめましょう。

また、実際には個々の発音は英会話にはあまり影響を与えません。「L」と「R」や「th」と「s」など細かい発音の違いができなくても、おおよそのことは文脈で理解できるためです。

発音は捨てて英会話でこだわるべき3つのポイント

発音の代わり、日本人がこだわるポイントがあります。

それは、「声の大きさ」「発声」「リズム」の3つです。これを意識して話すだけで自分の話す英語が一気に通じやすくなります。

①声の大きさ

日本人の英語が通じない理由の一つに、「声のボリュームが小さい」ということがあります。日本人は英語に自信がないために声が小さくなりがちです。

つまり、あなたの英語自体は正しいかもしれませんが、声が小さくて単純に相手の耳に届いていない可能性があります。

外国の人たちは大きな声で話します。電車の中でも外国人の人達は、大きな声で話しているイメージがありませんか?正直、周りに迷惑じゃないかというくらい大きな声で話している人をよく見かけます。

外国人は基本的に声のボリュームが大きいのが普通なのです。日本人は外国人に比べて声のボリュームは小さいです。しかも英語を話すとなると、緊張したり自信がないため余計に小さな声になります。

英語を話す時には、やや大袈裟なくらいに声のボリュームを上げてみてください。そうすれば意外と通じる可能性があるものです。

②発声

ネイティブや映画俳優が英語を話しているのを聴いていると、一様に声が低いという傾向があります。男性はもちろんのこと女性もです。

日本人でも英語を流暢に話す人は、英語を話すと気に日本語で話す時よりも声が低くなっています。

日本語を話すとき、私たちは知らず知らずにのどを締めて口先で発声しており、自然と声が高くなるのです。特にかしこまった場面で話すときなどは、それが顕著にあらわれるのではないでしょうか。

日本人の感覚ではそれが上品で丁寧な発声と思われていますが、英語のネイティブからすると「高い声は子供みたいで、かなり違和感がある」と感じるそうなのです。声が高いだけでネイティブには耳慣れなく聞き取りにくくなってしまうのです。

日本語を話すときは意識をしていなくても、のどが締まって高い声になってしまっています。

英語を話す人達は、「のどを開いて振動させながら声を出す」という方法で普段から会話をしているのです。イメージとしては、お坊さんがお経を読むときの声に近いかもしれません。低く、そしてのどを震わせている感じです。

ちなみにのどを開くこつをつかむと日本人が苦手な子音の発音もできるようになります。

例えば、「hot」は、実際にネイティブは「t」を全く発音していないわけではありません。のどを開いて奥の方から大きく息を吐きつつ、最初の「ホッ」を発声し、のどから出た息を舌や歯で止めながら「t」の音を作っているのです。

③リズム

日本語のように全ての音に母音がついて、ひとつずつ平坦な音ではし続けるという言葉は世界の中でも特殊な言語です。

そのため、英語と日本語のリズムやイントネーションはまったく異なります。日本語で「マクドナルド」は、ma-ku-do-na-ru-doの6拍ですが、英語ネイティブの場合は、「Mc-Do-nald’s」と3拍になります。

つまり、発音がおかしくても、音の長さや速さ、緩急といったリズムが合っていることが通じる英語を話すためには重要なのです。

英語のリズムを身につけるには、ネイティブのをお手本に、同じリズムで言えるようになるまで、何度も何度も真似をするだけです。そうやって、「耳コピ」を続けてることでリズムを身体に浸みこませることができるようになります。

英語の発声やリズムをチェックする方法として、「AmiVoice CALL Lite」というソフトもおすすめです。指定された単語や文章を読み上げると、音の強弱を表す波形やピッチを表すカーブなどを視覚的に示して、どこが間違っているのかを教えてくれます。

*****

「声の大きさ」「発声」「リズム」のポイントさえつかめば、ネイティブにもかなり聞き取りやすい英語が話せるようになりますので、自信を持って話してみましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外国人のお客さんの対応に!接客で使える英会話フレーズ

田舎なので英語を話せる場所がない!そんな人の英語勉強法

とっさに英語が口から出ない…英語が話せるようになるには?

洋楽を聞き流しで英語が話せるようになる?