社会人におすすめのフィリピン語学学校ベスト3

いざ、フィリピンに語学留学に行くとなると、どこの学校を選んだらいいのか悩むところだと思います。

数あるフィリピンセブ島の語学学校の中で運営と実績がしっかりしていて、特に社会人、ビジネスマンの語学留学におすすめの英会話学校をご紹介します。

実際に私が短期留学をした学校、語学学校で出会った友人が以前通っていた語学学校の情報、学校スタッフの情報等からおすすめの学校を選びました。

ぜひ、学校選びの参考にしてみてください!

①QQ English

セブ中心地ITパークのIT Parkとマクタン島ビーチのSeafrontで、都会とリゾートの両方を満喫できる!

QQ English IT Park

ロケーション:セブ島
資本:日本
設立年度:2009年
定員:250名
講師数:約500名
日本人スタッフ:有
日本人率:約6割
宿泊施設:外部寮、ホテル滞在
スパルタ度:弱
Wi-fiの強さ:強

特徴

・セブ島の中心地IT パーク内にあり安全安心の立地
2012年に開校したセブ島初の日本資本の語学学校です。フィリピン一安全と言われているITパーク内に学校があるため、24時間ガードマンが巡回しているので安心して歩きまわることができます。

セブ島の学校にしては珍しく、学校の外に寮がいくつかあり、そこから通学するスタイルです。無料の送迎バスもあるので、そちらも利用できます。

・英語のレッスンとアクティビティのバランスがとれた学校
フィリピンの語学学校は、これまで「スパルタ式」の韓国系の学校が主流でしたが、QQ Englishはオーナーの藤岡頼光さんのお考えの元、授業を大事にしつつ、フィリピンを楽しむことがコンセプトになっています。そのため、週末には「ジンベイザメツアー」や「カオハガン島ツアー」など、アクティビティが充実しているので、英語との勉強だけでなく、セブ島を思いきり満喫することができます。

カリキュラム

・カランメソッドで短期間で英語力が劇的にアップできる
自由な校風ですが、英語の勉強密度は非常に濃く、朝から夕方まで6~8コマの授業があります。マンツーマンレッスンが多く、スピーキングが強化できるのが特徴です。コースには、英会話、TOEIC、IELTSなどの試験対策のほかに、「4倍の速さで英語が伸びる」という「カランメソッド」が取り入れられているのは注目です。

カランメソッドは、イギリスの英語学校「カランスクール」が開発した方法、「聞く力・話す力」が徹底的に鍛えられます。超短期で英語を使えるようになりたい人にはおすすめです。

・先生のレベルが高い!
QQ Englishは、先生たちすべてが教員免許か国際英語教授資格である「TESOL」を保有しています。

学校施設

・校舎
ITパーク内にある18階建て高層ビルの7~10階がQQ Englishの学校になっています。

・滞在方法
宿泊施設は、シェアハウス(1人部屋、2人部屋、4人部屋タイプ)のほかに、ホテル滞在プランもあります。

・Wi-fi環境
専用線を引いているため、非常に快適なWi-fi環境で、セブ島の中でも群を抜いた快適さ。社会人の人にはおすすめです。

・学食
日本、韓国、中国、フィリピンなどインターナショナルなメニューが豊富です。学食で提供されるパンは、毎日学校で焼かれたものなので、できたたの美味しいパンが食べられます。

QQ English Seafront

ロケーション:マクタン島
資本:日本
設立年度:2009年
定員:250名
講師数:約250名
日本人スタッフ:有
日本人率:約6割
宿泊施設:内部寮
スパルタ度:弱
Wi-fiの強さ:強

特徴

・ホテルを改装した白亜の学校!
2015年4月にオープンしたQQ Englishの2校目です。幕担当のリゾートホテルを改装した校舎で、リゾートホテルが立ち並ぶビーチ沿いにあります。

・校舎の目の前は、セブ島の美しいビーチ!
学校から美しい海が一望でき、学校の敷地から海に出ることも可能です。プールもあり、朝から人泳ぎしてからレッスンにのぞむこともできる環境です。

・まさしくリゾート留学
英語の勉強とフィリピンのビーチリゾートの両方が楽しめる贅沢な学校です。ITパークとこちらの学校の移動も可能なので、1週間ずつと階とリゾート両方の留学を体験することが可能です。

カリキュラム

カリキュラムや先生人のレベルはITパークと同じです。ただし、こちらでは「ホテル滞在プラン」、「TOEIC特訓プラン」は行っていませんが、「親子留学プラン」があります。

・オンライン英会話も運営
QQ Englishのオンライン英会話があるので、帰国してからも同じ先生、同じ教材で勉強できる環境が整っているので、継続して英語学習ができます。

学校施設

・寮
8階建てと7階建ての寮棟があります。寮の部屋は、1人部屋、2人部屋(男性のみ)、4人部屋、6人部屋(女性のみ)の他、ホテルタイプのデラックスルームとエグゼクティブルーム(1人または2人での使用)です。

・学食
Itパークと同じく日本、韓国、中国、フィリピンなどインターナショナルなメニュー。ただし、こちらのシーフロント校では、この建物の前身の日系ホテル時代からのシェフが担当しており、料理の味は格別です。

・その他
徒歩圏内にスーパーマーケット、レストラン、コーヒーショップなどがあるのでお買い物やリフレッシュのおでかけにも困りません。

②IDEA ACADEIMA

スタイリッシュな学校でストレスフリーな留学生活を満喫できる!

ロケーション:セブ島
資本:日本
設立年度:2015年
定員:約250名
講師数:約100名
日本人スタッフ:有
日本人率:約8割(時期により変動)
宿泊施設:外部寮、ホテル滞在
スパルタ度:弱
Wi-fiの強さ:普通

特徴

・欧米スタイルのカリキュラムと滞在スタイル
「IDEA CEBU」の姉妹校として2015年に開校した学校です。これまでのセブの留学のネックだった「スパルタ式」「全寮制」ではなく、「欧米スタイル」の生徒の自主性を大事にし、カリキュラム構成や滞在方法を自由に選べる仕組みです。

・フレキシブルに選べるレッスン
マンツーマンのレッスン数を自分の目標や目的に合わせて、選択できます。

・滞在方法もさまざま
外部寮やホテル滞在のほか、自分でコンドミニアムやアパートを借りてそこから通学することも可能です。ルールに縛られずに自分のペースで勉強、生活することができるので、ストレスフリーで社会人の学生にとっては嬉しい仕組みです。

カリキュラム

独自に開発した2つのメソッドが軸になっています。

①「PREP」メソッド
「PREP」とは、英語圏では一般的な論理的話法で、「結論(Point)」→「理由(Reason)」→「証拠(Evidnce)」→「結論(Point)」の⑩所で話を展開していくものです。レッスンではこの話法を徹底的に指導されます。

②「アクティブリスニング」「会話のキャッチボール」力を身につけるために開発されたリスニング方です。
具体的には、会話上での「キーワード」を繰り返し(Repeat)、相手の言葉に反応し(React)、会話を深める質問やコメントをする(Reply)という3つのRを意識するレッスンです。

この2つのメソッドで、英語の表現力や理解力が自然と身に就くカリキュラムになっています。

学校施設

高層ビルの最上階16階にある校舎はとにかくオシャレで、大人な社会人におすすめです。都会のスタイリッシュなカフェを思わせる空間デザインやインテリアは学校にいることを忘れてしまいそうな雰囲気です。トイレの綺麗さは5つ星のホテル並み!

・寮
寮は外部寮となっていて、学校から徒歩3分の距離です。学校まではシャトルバスがあります。1~3人部屋のタイプがあります。ホテル滞在の場合、学校から徒歩10分で部屋タイプは1人部屋、2人部屋、4人部屋のタイプがあります。こちらのシャトルバスがあります。

・学食
メニューはインターナショナルですが、日本食のトレーニングを受けたスタッフがいるので、日本人好みの味付けになっています。

③MBA

社会人100%「オトナの留学」で実践的ビジネス英語が学べる学校!

ロケーション:セブ島
資本:日本
設立年度:2013年
定員:40名
講師数:約50名
日本人スタッフ:有
日本人率:10割
宿泊施設:内部寮
スパルタ度:弱
Wi-fiの強さ:強

特徴

・社会人100%の「オトナ留学」
こちらの学校は、社会人限定の学校で、学生は原則受け入れていません。生徒の年齢層は30代、40代がメインで、100%日本人留学生の日本人に特化したレッスンが受けられます。

・実践的なビジネス英語が身につく
社会人限定の学校なので、「ビジネス英語」を実践的に学べる「ビジネスマンツーマンコース」があり、会議運営、交渉、面接のロールプレイングなど充実の内容です。

・留学生同士の交流がビジネスに展開することも
毎週金曜日の夜は、学校主催の「飲み会」が開催され、異業種交流の場として人気です。ここで、知り合った生徒同士が、日本や海外で一緒にビジネスをはじめることも多く、一種の「社交場」ともなっています。

カリキュラム

・オーダーメイドカリキュラム
受講生それぞれが留学で達成したいカリキュラムを決めて、それを達成するために「PDCAサイクル」(計画→実行→チェック→改善)を採用しています。一人一人に担当教師(コアティーチャー)がつき、進捗をチェックしながら目標達成をサポートしてくれます。

・毎週金曜日の「プレゼンテーションクラス」
与えられたテーマに対して、これまでに習った単語やフレーズで実際に英語でプレゼンテーションを行う実践的なクラスです。プレゼンの準備もコアティーチャ―がサポートしてくれます。この参加は任意ですが、アウトプットの機会としてとても人気のレッスンです。

・オンライン英会話もあり
オンライン英会話「MBA ONLINE」を展開しているので、セブ島留学前後の英語学習のフォロー体制が整っています。

学校施設

2015年に移転した新校舎はセブ州庁舎に近く、2階が教室、3~5階が寮になっています。1階には日本人が経営するレストランがあり、生徒たちの交流の場になっていいます。

・寮
ビジネスパーソン向けのおオトナの学校らしく、プライバシー重視のすべて1人部屋です。しかも、ホテル並みのクオリティーの部屋。

・Wi-fi環境
仕事をしながら勉強している留学生のために、Wi-fi環境にはかなり力が入っており、校内・寮いずれも快適にネットがつながる環境です。

・学食
1階のレストランで提供される朝食のみです。ランチと夜ごはんは、各自で自由に取るスタイルです。

番外編:Cleverlearn

ロケーション:マクタン島
資本:アメリカ
設立年度:2005年
定員:約140名
講師数:約50名
日本人スタッフ:有
日本人率:約3割
宿泊施設:内部寮
スパルタ度:弱
Wi-fiの強さ:普通

特徴

・アメリカ資本の英語学校で自由度、国際色はセブNo.1
韓国資本や日本資本が多いセブでは珍しいアメリカ資本の語学学校です。校風もとても自由で外出禁止や門限もありません。

ロシア、ブラジル、サウジアラビア、日本、韓国、中国、台湾、ベトナムなど世界中から生徒が集まっているので国際色豊かで、日本人や韓国人の比率は他の学校彫り少なめです。

年齢層も幼児・子供から学生、社会人、シニアまでかなり幅広くなっています。

・オープンエアな建物でリゾート感も満喫
学校のカフェテリアからは海が一望できます。セブならではのリゾート感を味わいながら、リラックスして勉強ができる学校です。

カリキュラム

・専門英語のカリキュラムがある!
特徴的なのは、「医療英語」や「航空英語」、「観光専門英語」といった専門の英語を学ぶコースが用意されていることです。観光専門英語のコースでは、提携先の専門スクールでのインターンシップに参加も可能(1カ月以上の滞在が条件、その他のコースは1週間から可能)。

一般向けには、日常英語のスキルアップを目指すコースやビジネス英語、TOEICやTOEFLなどの試験対策コースがあります。

・カリキュラムはオーダーメイドも可能
基本的には、マンツーマンよりグループレッスンが多く、1コマ110分と他の学校より眺めです。ただし、マンツーマンに特化したコースもあります。また、プレゼンに特化したいなど要望に沿った内容で組み立てることも可能です。

学校施設

・寮
滞在先は、内部寮のみで、1人部屋、2人部屋、4人部屋の3タイプがあります。どの部屋にもトイレ&温水シャワー、冷蔵庫が備え付けれられています。各部屋でWi-fiが使用可能です。

・看護師さんが常駐
校内には、看護師さんが日中のみ365日常駐しているので、不調を感じた時でも頭痛薬などを無料で出してくれます。

学食
メインはフィリピン料理ですが、多国籍な学生に合わせて辛めのものは控えられています。カフェ手エリアや休憩所では、セブの語学学校では珍しくお酒を飲むことができます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィリピン短期留学の費用

フィリピン留学が社会人におすすめの5つの理由

セブ留学体験談!アイランドホッピングでカオハガン島へ

フィリピン・ターラックMMBSでの短期留学体験談!留学が意味ないなんて絶対ウソ!

フィリピン人の英語はなまってる?留学に行ってわかったこと

セブ島留学の滞在方法ー寮?ホテル?どっちがおすすめ?