無料でできる!スマホを使って楽しくリスニング力アップ!

英語のリスニングにスマホはとってもおすすめのツールです。

スマホがリスニングの勉強におすすめできる点としては、

・たくさんの音声教材を大量に簡単に持ち運ぶことができる
・スマホ教材の多くは「15秒戻る」「スロー再生」などができる
・スクリプト(原文)が確認できる

スマホを利用する一番のメリットは、スクリプトがチェックできることです。スクリプト(原文)がついているというのは、リスニングの勉強には絶対に欠かせないポイントです。

スクリプトがない勉強は復習がやりにくいですし、また、聞き取れない音声はいくら聞いてもなかなか聞き取れません。そのため、わからないことが放置されたままになってしまい、とても危険なのです。

逆にスクリプトがあると、何を言っているのか文字で確認できるので、「あ、こういうことを言っていたのか」と聴き取れなかった音声をその場ですぐ確認できるので、ひとつずつ身につけていくことだできます。

知っている英単語でも聴き取れない

ネイティブが話している英語は、自分が知らない英単語を使っているから聴き取れないと思っている人が多くいます。英語が聞き取れないと感じている人が陥りやすい傾向です。

しかし、実際にはネイティブの英語音声を聞いてみると、英文レベルは中学英語程度ということがほとんどです。もちろん話し言葉になると、砕けた言い方になったり早口であるということがありますが、文章自体はそれほど難しいものではありません。

簡単なよく知っている英単語なのに、どのように発音されるかがわかっていないため、聴き取れていないケースが多いのです。

そういった点からも、スクリプト(原文)を見ながら発音を確認するということが、とても重要なのです。

スマホでできるリスニング勉強法

堅苦しく英語を勉強していてもなかなか続かないですよね?

英語の学習は、継続することが何よりも重要です。ここでは、スマホを利用して楽しくできる勉強方法をお伝えします!

①AWA アプリ(無料、対応:iPHone、Android)

海外アーティストのお気にりの歌で楽しくリスニングの勉強なんていかがですか?

この「AWA」は、洋楽のラインナップがとても充実しています。そして、なにより、ワンタップで歌詞を表示してくれるため、スクリプトのチェックが可能なので、英語学習には最適なアプリです。

ただ、洋楽であれば何でも英語学習におすすめかというとそうではありません。洋楽の選び方にもポイントがあります。

洋楽のリスニングに向いているのは、テイラー・スウィフト、ジャスティン・ビーバー、ブルーノ・マーズなどの「POPS」です。

日常生活で使う単語が歌詞に使われているので、歌詞をそのまま覚えたい曲がたくさんあります。

その他にもスティービーワンダー、ビリー・ジョエル、カーペンターズ等も良質でおすすめの楽曲です。

②「VOA」「CNN」

海外のニュースメディアもリスニング勉強におすすめです。

海外ニュースは、英語圏の時勢をを反映しており生きた英語に触れることができるというメリットがあります。もう今は使われなくなったような「死んだ英語」を覚えてしまう危険がありません。

かなり以前に発売された参考書などでは、古い言い回しなどがあるかもしれません。言語は時代の流れと共に、少しずつ変化するものです。最新のニュースと共に現代の英語を学べるのが海外ニュースのメリットです。

もう一つのメリットとしては、発音が明瞭で聴き取りやすいということです。

ニュースを読む人たちはアナウンサーなどプロの人達です。世界中に伝えることを考えているため、英語自体に変ないい方や発音がなく、そのまま丸ごと覚えてしまいたいくらいの良質なものばかりです。

  • アメリカの国営放送「VOA」
  • アメリカのニュース専門局「CNN」

ニュースサイトの英語は少し早口かもしれませんが、聴き取りやすくリスニング教材に向いています。

もし、少し早口すぎて難しいという場合は、これら2つのサイトが英語学習者向けに、やや簡単な英語を読んでくれているサイトがありますので、そちらを使ってみてください。

  • 「VOA Learning English」
  • 「CNN Student News」

 

③「TEDiSUB」 アプリ(240円、対応:iPhone、Androidは別アプリあり)

「TED」はハイクオリティなプレゼン動画を配信している注目のサイトです。この一流スピーチは英語学習にも最適です。

TEDは内容自体も魅力的ですし、プレゼンする人の話し方も参考になります。「TEDiSUB」をインストールすると、そのTEDを字幕付きで見ることができるので、スクリプトを確認することができます。

英語字幕の他に「日本語字幕」「日英字幕併記」を選べるコンテンツもあります。

内容がわからない場合は、「日本語字幕」で見てプレゼン内容を確認してから、「英語字幕」でリスニングの練習といった効率的な勉強も可能になります。

④「LissN」 アプリ(月額360円、対応デバイス:iPhone)

「LissN」は、日本経済新聞の電子版でのユーザー反響をもとに1日5つの記事を届けてくれるアプリです。

1記事あたり5分以内で完結するので、スキマ時間の英語学習に役立ちます。日経新聞の記事なので英語に触れるだけでなく、国内外のビジネスの情報収集もできて一石二鳥です。

ビジネスで英語が必要な方にはおすすめのアプリです。記事は英語と日本語どちらでも表示できるので、わからない個所があったら日本語で確認することができます。

*****

いかがでしたでしょうか?

スマホのアプリは、英語学習に最適なものがたくさんあります。ぜひ、自分にあったものを見つけ、楽しくリスニングの勉強をしてみましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【保存版】海外ドラマを使った英語学習方法とおすすめドラマ9選

英語のリスニング勉強法は「聞き流し」「勉強したつもり」に要注意

無料でできる!リスニング力アップのおすすめ学習法