フィリピンの中でもセブ島で留学するメリット

フィリピンには、マニラやセブをはじめとして、国内全土に英語語学学校がありますが、私はこれから留学を検討する方々には、その中でもセブ島をおすすめします。

セブ島はフィリピンのビーチリゾートとしては知られているものの「英語留学」というとピンとこないかもしれません。

私が実際にセブ島留学をした経験から、フィリピンの中でもあえてセブ島留学がおすすめなのか、セブで英語を学ぶことのメリットを紹介します!

セブ島留学のメリット

①セブは比較的治安がいい

フィリピンはじめ東南アジアは、「治安が悪い」というイメージがありませんか?

特にフィリピン随一の都市であるマニラは、物騒なイメージがあるかもしれません。実際にマニラでは「物取り」や事件などの被害に会った人もいます。

その点、セブは世界中から観光客が集まるビーチリゾートだけあって、24時間警備体制が敷かれているセブシティの中心部ITパークなど治安が比較的よいことで知られています。

私がフィリピン留学で通っていた学校はセブ島のITパークにある「QQイングリッシュ」という学校は、このITパークの入り口には警備の人が常に立っていて、しっかり警備されています。

通っていた学校はこのビルです。とても近代的なビルだと思いませんか?

皆さんがフィリピンと聞いてイメージする風景とは全然違うと思います。この辺りは、このような建物ばかりで、飲食店もたくさんあり、とても快適に過ごすことができました。

もちろんどんなに治安がよい場所であっても最低限のルールを守ることは必要です。

セブは、皆さんが思っているような「恐いところ」「治安が悪いところ」というイメージとは全く違うので、安心して滞在できる街です。

②シティとビーチの両方楽しめる

セブをおすすめする2つ目の理由はシティとビーチの両方が楽しめるという点です。

セブというと常夏のビーチリゾートを思い浮かべる人が多いと思いますが、セブシティは大変栄えたところで、「SM・シティ・セブ」や「アラヤ・センター・セブ」など買い物や食事をする場所には事欠きません。

語学学校がお休みの日でも楽しく街中で過ごす事ができます。

逆に、このことを知らないとシティにある語学学校に申込み、「ビーチリゾート」を期待してきたのに、学校の周辺にビーチや海は全くなく、「想像と違った!」ということになりかねませんので注意しておいてください。

学校選びの際は、シティとビーチのどちらを希望するのかをあらかじめ考えておくことをおすすめします。

留学期間が長いのであれば、途中で学校を移り、シティとビーチの両方の学校に滞在するということもできます。

短期留学の場合なら、シティの学校で平日は勉強して土日に学校のアクティビティでビーチリゾートやアイランドホッピング、ジンベイザメツアーなどに参加したり、ビーチの学校に通い土日はシティのモールでお買い物を楽しむといったこともできるのでシティもビーチも両方楽しむことは可能です。

ちなみにマクタン・セブ国際空港からセブシティへは、道路の混雑状況にもよりますがタクシーで約40分程度、ビーチリゾートが楽しめるマクタン島中心部では15~20分程度です。どちらもそれほど遠くありませんので、日帰りで十分移動可能な範囲内です。

社会人の短期留学にはセブがおすすめ!

私のセブ島への英語留学は、年末年始の休暇を利用した1週間の短期留学でした。会社員として働いている方は、私と同じように1週間の休みがやっとという状況だと思います。

私の短期滞在の日程スケジュール

日曜日:セブ島到着
月曜日:オリエンテーション後、レッスン開始
火曜日:1日8コマレッスン
水曜日:1日8コマレッスン
木曜日:1日8コマレッスン
金曜日:1日8コマレッスン
土曜日:学校のアクティビティでアイランドホッピング
日曜日:日本へ帰国

平日の学校終りに、「SM・シティ・セブ」や「アラヤ・センター・セブ」にお買い物に行ったり、お友達と食事に行くこともできました。

フィリピンのセブ島という非日常で平日はたっぷり英語漬けになる。そして、レッスン後や週末はシティで買い物したり、ビーチで思い切りリゾートを楽しむ!そういったことができるのが、セブ島留学の魅力です。

会社員や忙しい人にこそ、セブ島に行って、身体で英語体験することをおすすめします。

日本で英語を勉強しているだけでは、決して得られないリアルな体験が、英語学習のモチベーションにもつながります!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社会人におすすめのフィリピン語学学校ベスト3

フィリピン留学に持ち物・必要な準備物

QQ Englishでセブ島短期留学に行ってきました!

フィリピン行き航空券を安く取るための3つのポイント

フィリピン留学が社会人におすすめの5つの理由

セブ留学体験談!アイランドホッピングでカオハガン島へ